ダイエット・メソッド②―具体的な実践

それでは、具体的に何をやったのか。

 

<しごと改革>

・残業の圧縮。できないことを安易に引き受けない勇気を持つ。

タイムマネジメントの徹底。仕事は9時~5時まで。その中でできることを精一杯取り組むこと。「家庭あっての仕事」であることの意識付けを徹底する。

 

<生活習慣改革>

・必ず湯船に浸かること。副交感神経を優位に立たせることにより、からだと心をリラックスさせる。

スマホを寝室に持ち込まない。ブルーライトによる刺激を低減化する。

スマホを見ない時間をつくる。スマホの閲覧時間が長くなることにより、情報過多になり、不安感を煽る要因になるので、情報ツールとの連携を断つ。

 

<減量に向けた取り組み>

以上の点について見直しながら、ダイエットを加速度的に進めるために、以下の通り実践した。

・無理のない計画をたて、目標管理を徹底する。

今回のダイエットでは、第1期から第3期までに分けて、それぞれに対して明確な内容を設定した。

第1期:糖質制限を実施し、まず5キロを食事制限で落とす。昼食を中心に、夕食は限りなく少ない状態で。

第2期:糖質制限を緩やかにしつつ、有酸素運動を毎日行う。私の場合は、日々2~3㎞のwalkingを毎日欠かさずに。足りない場合は、水泳などでストレス発散も兼ねて。

第3期:食事内容を糖質制限前に少しずつ戻していく。ただし、無駄にエネルギー摂取をしないことに意識を傾ける。また、運動は第2期を継続させつつ、筋力トレーニングも含める。

 

*これに毎日の食事をメモしていくrecording dietと、体重と体脂肪を毎日測定することを忘れないようにする。

*ちなみに、ただいま第2期が終わったところで10日間のインターバルをとり、本日から第3期をスタートさせる予定である