一足早い健康診断と治療

大人喘息の投薬を受けつつ、胸部レントゲンの検査をした。7年ぶりとなる検査。しかも写真を見るのは10年ぶりくらいである。結果は、極めて正常であるものの、喫煙をした跡が肺に残っているとの指摘。これが悪性なものに変化する確率は極めて低い。特段の治療は必要ないものの、禁煙は継続するようにとのご指導だった。

肝心の大人喘息は、投薬を引き続き続けるとの診断で、これまた困ったものである。

血液検査は今年の7月に実施予定。それまでに体の脂肪をおとして、自力でメタボリックシンドロームから脱したい。糖質制限をしていることをお話ししたら、「たまには休息をしなさい」とのご指導も。

 

今日は、先生の言葉に甘えて、温野菜でしゃぶしゃぶをたっぷり食べたい。そして明日からまた頑張ろうと思う。…もちろん低糖質を狙っているのだが。

 

大きなことがなくて本当に良かった。