02.Be Free

ASKA氏が一過性脳虚血症により活動休止が宣言され、薬物報道そして逮捕へと動きが繋がるなかでファンクラブのメンバーだけに制作中のひとつとして紹介された楽曲である。

個人的にはライブ向けではないと思っている。このあたりの表現をステージで行うことは非常に難しい。ややもすれば、誤解を与えかねない。「自由になりなさい」というフレーズをASKA氏を前にしてどのように理解すればよいのだろうか。。

ASKA氏は自著「700番」のなかで、「今はイバラの道を裸足で歩くときである」としている。自由になるためにこの道を歩く。。いかにもASKA氏らしいではないか。