読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Too many people

敬愛してやまないASKA氏の最新アルバムである。こんなにも多彩な楽曲が散りばめられるとは思っていなかった。執行猶予中の作業で不便なことも多かったはずである。しかし、彼を慕うミュージシャンたちは立場の違いを越えてスタジオに集まり、研ぎ澄まされた音を作ることに集中した。心から敬意を表したい。

すべて新曲でベストアルバムをつくることがミュージシャンの目指すところであるという話を聞いたことがあるが、今回の作品はその域に達している。少なくとも今までのソロアルバムのなかでは抜群の出来と言ってもいい。触法行為は社会的に決して認められるものではないが、これがASKA氏のなかでは完全に音楽表現に昇華されている。

願わくば、このアルバムを引っ提げて、いつものようにホールツアーを回ってほしい。次はステージでASKA氏に会えるのが今から楽しみである。

各曲のレビューは、また改めて。