プライドと感謝

仕事をする人たちには、少なくとも任されていることにプライドを持つべきだと思っている。言っておくが、プライドと独り善がりは違う。僕が言いたいのは、他者への感謝を常に持ちつつ、任された仕事に全身全霊をもって取り組むことにこだわりを持てということである。

 

ひとりで仕事はできない。

もっと言うと、ひとりで産まれ、育ち、生きていくことも、死に行くこともひとりではできない。

僕に関わるすべての方に、心から感謝を。